太陽光発電とオール電化で光熱費0円を目指す

光熱費って皆さんはいくら払っていますか?

 

私が太陽光発電とオール電化を導入する前は、電気代が毎月15,000円にガス代が10,000円で毎月に25,000円くらい掛かっていました。

それが今では光熱費は太陽光発電の売電の価格を差し引くと0円になりました。

 

しかも太陽光発電で発電した電気を売る「売電」の金額のほうが高くなっているため、光熱費を差し引いたとしてもプラスになっています。

私が実際に体験して出した結論はこれです。

光熱費を0円にするなら太陽光発電とオール電化の組み合わせ

 

では具体的に光熱費を0円なる人はどのような人を指すかというとこの2つのポイントさえ押さえてしまえば問題なく光熱費は0円になるばかりでなくそれ以上の利益を生み出すことも十分可能になります。

 

光熱費を0にできる人の条件

 2つのポイント

 

いかがでしたか?

このポイントをクリアできた人は光熱費を0にするだけではなくそれ以上に売電というシステムから利益を出している人がほとんどです。

最初の初期投資こそ、太陽光発電とオール電化にするには高額な費用が掛かってしまいますが、上記のポイントをしっかり押さえさえすれば初期投資を回収するのも問題はないですし、回収し終わった後からはすべてが利益と素晴らしい効果を発揮してくれちゃいます。

 

注意してほしいポイントは、「4kW以上」のという太陽光発電においての条件があることです。

なぜこのような条件を出したかというと、太陽光発電は乗せる容量が大きくなればなるほど単価が下がっていくからです。

単価が下がるということは初期投資の金額が下がり、その分初期投資を回収する期間を少なくすることができます。そこで私が計算して出した一つの容量と単価が4kWという計算になります。

この容量で太陽光発電を乗せることができれば10年間での初期投資の回収は圧倒的に高くなります。

 

10年での初期投資の回収が終わった後はその後はすべて利益になるということになります。

また基本的に太陽光発電の保障制度は10年と設定していることが多いため、保証期間内に初期投資を回収することが重要になるので4kWという容量に設定しました。

 

いくら光熱費が0円になっても太陽光発電とオール電化を設置した費用が回収できなければ結局はマイナスになってしまうので、まずは太陽光発電でもしっかりとした利益を出すことのできるシステムを組むことを1つの条件としました。

 

しかし、どのくらいの容量の太陽光発電を乗せることが出来るのかの判断はなかなか難しいのが本音です。これは取り付けメーカによって基準がそれぞれ違うということや、屋根の大きさや形なども違うため判断ができないからです。

 

ですのでまずはどこでもいいので1度見積りの依頼をして実際にどのくらいの容量の太陽光発電を乗せることが出来るのかを判断してもらうといいと思います。

 

簡易見積りであれば、家の図面を送るだけで推定での設置できる容量などをメールで教えてくれるので簡単に調べることができます。

 

ただし簡易見積りでは、現場の状況を100%把握することができないため、容量には若干の誤差が生まれてしまいます。

また、メーカーの設置基準は家の形状や、屋根裏の構造などと厳しい基準が設けられていて(安全に太陽光発電を設置するために)、実際に訪問して見積りを取らなければわからないことも出てくるので、簡易見積りでどのくらいの容量が乗るのかを確認して4kW以上の容量が乗りそうな場合(3、5キロワット以上でも一度正式な見積りを取ったほうがいいです)は訪問見積りを取って見ることをお勧めします。

 

太陽光発電に関してはいくら調べて勉強しても乗せられる容量が小さすぎる場合や、メーカーの基準に合わずに設置ができないといったケースがあるので、まず先に見積りで設置できるのかの確認と、設置できる場合は乗せることのできる容量

を確認してから進めていくことをお勧めします。

 

いろいろ調べて、「さあ付けるぞ」となってから「メーカーの基準に適さないのでつけれません」とか「このくらいの容量しか乗らないので損をしますよ」とか言われるとかなりショックを受けます

 

調べれば調べるほどにメリットが多いということに気がつけるのが太陽光発電ですから。

 

まずは付けれるかつけれないかの確認と乗せることのできる容量の確認はしておくことが重要なポイントになってきます。

 

ちなみに当サイトでオススメしているのは簡易見積りと訪問見積りを選んで依頼をすることのできる一括見積りサイトをお勧めしています。

その中でも圧倒的に利用者が多く(ちなみに100万人を突破したとのこと)、テレビでも紹介されている「タイナビ」がオススメですので良かったら使ってみてください。

ネットで「太陽光発電 見積り」で調べても色々な見積りサイトも出てくるのでまずは見積りを取って見てくださいね。

 

 

 a_btn040 【タイナビ】約1分で見積り完了!太陽光発電一括見積り!

 

 

 

さっそく太陽光発電とオール電化について知ってください

 太陽光発電は電気代を抑える、オール電化はガス代を0円にする効果

 

・太陽光発電は電気を生み出す装置=電気代を節約することが出来る

・オール電化はガスを使用してコンロやお湯を沸かしていたのを電気にすることでガス代をなくすことが出来る

という違った性質が太陽光発電とオール電化には存在します。

 

太陽光発電の効果について

 太陽光発電は電気を生み出すということが最も大きなメリットになります。

しかし電気を生み出すことのできるのは、太陽光とついているだけあって太陽の出ている時間帯に限定されます。

ここがポイントで、昼間に発電した分の電気で使い切らない電気というのが出てきてしまいます。

 

電気は蓄電池などがなければためておくことができないので、余った分が無駄になってしまいます。しかしこの余った電気を無駄にしないように「売電」

 という電気を各電力会社が買い取ってくれる仕組みが存在します。

 

しかもこの売電は太陽光発電の導入を増やすという目的でできた仕組みになっており、現在は1kWあたり37円で買い取ってくれちゃいます。

ちなみに電気の私たちが普段電力会社から買っている値段は1kWあたり25円前後です。

 

ということは買う金額よりも売る金額のほうが高くなるという事なので売れば売るほどお得になる制度です。

 

ですので昼間に極力電力を使わなければ、より多くの売電をすることが出来るので多くの電力を売り利益を上げることができます。

 

ポイント

・太陽光発電は昼間に電力を生み出すので昼間の電気代は0円になる。

・余った分の電気は高値で買い取ってくれるのでその分が利益になる

 

 

オール電化について 

オール電化とは名前の通りに電気を使ってお湯を沸かしたり、ご飯を作ったりするシステムです。

電気を使ってという言葉がポイントで、電気を使う分、ガスを使用しないことになります。

 

その為ガス代は0円に抑えることができます。

 

しかし勘違いしないでほしいのは、ガス代が0円になる分、電気を使用するため電気代が高くなるということです。

あくまでオール電化は電気代を下げるという事よりも、ガス代をなくすシステムであるということがポイントです。

 

しかし、オール電化にはそれ以外にも様々なメリットがあります。

まずは安全です。火を一切使用しないので小さなお子さんがいる家庭などでは非常に安全性が高いです。

特にIHクッキングヒーターは安全面だけではなく、平面が平らになっているのでお掃除がすごく簡単ということもメリットになります。

これにプラスして、二酸化炭素を一切出すことがなく、環境に良い効果などが挙げられます。

 

さらに一番伝えたいのは電力会社がオール電化を普及させるために「時間帯別料金コース」を用意しているという点です。

 

オール電化といえば、IHクッキングヒータとエコキュートですが、エコキュートは夜のうちに電気でお湯を沸かして沸かしたお湯をタンクにためて次の日に使用するというシステムになっています。

 

この夜のうちにというのがポイントで、「時間帯別料金コース」というのが夜の電気代は安くて、昼間の電気代は高くなるような料金プランになっています。

 

ですので、電気料金の安い夜のうちに次の日使うお湯をエコキュートで作っておくというのが非常に効率的で効果が高くなります。

 

東京電力のオール電化専用の料金プラン

Cut2014_0907_0157_36

昼間の電気代と夜中の電気代は3倍近い差がある「電化上手」というプランがオール電化にはお勧めです。

 

ポイント

・電気でお湯や食事を作るのでガス代がかからないが、電気代はその分上がる

・電力会社の時間帯別の料金プラン「電化上手」を使用することによって、夜中の安い時間帯にエコキュートで次の日に使用するお湯を沸かすことによって電気代を下げることが出来る。

・昼間の時間帯の電気代が夜に比べると3倍近い金額になる。

 

 

2つのポイントを合わせると

 太陽光発電とオール電化についての紹介とそれぞれのポイントを紹介してきました。

ではそれぞれに出たポイントを合わせるとどうなってくるのでしょうか?

 

オール電化にして、電力会社の時間帯別の料金プランを導入して電気の安い深夜にエコキュートなどを使用することで電気代を安くする分、昼間の電気代は3倍以上になってしまいますが、太陽光発電を設置すると昼間の電気代は発電をしているので0円になるので、電気代が3倍になっても全く問題なし。

 

ここが太陽光発電とオール電化にする最大のメリットになるんです。

 

高い時間帯の電力は発電する、安い時間の電力をうまく利用する

 

お得なのは 目に見えてわかりますよね。

 

しかも太陽光発電は余って使わない電力を倍の価格に近い金額で売ることのできる売電というシステムがあるのでこのシステムを利用してしっかりと売電収入を得ることも重要になってきます。

 

なぜ売電が重要になってくるかというと、この売電を利用して、朝や夜に使った分の電気代分をしっかりと売電で収入を出すことによって、毎月の電力会社からの請求金額よりも余剰購入電力の振込み金額のほうが多くなるので、もはや請求書ではなく給料明細的感覚で毎月の電力会社からの請求書を見ることができます。

 

 

太陽光発電とオール電化のメリットを最大限に活かす方法

2つのシステムを最大限に活かすためには電力会社の時間帯別料金「家電上手」(東京電力の場合)を最大限に利用する必要があります。

まず、電気料金が安い時間帯がいつなのかを知ったうえで極力その時間に電気を使う癖を付けることです。

 

基本的にエコキュートは自動で夜の安い時間帯に電気でお湯を沸かしてくれているので意識をする必要はありませんのでそれ以外でうまく活用します。

 

一番活用したいのは洗濯です。

 

これはなるべく7時までに洗濯が終わるように計算して回すようにします。

今はすすぎが1回でいいような洗剤が出ているので6時から回し始めれば問題ないですね。

 

でその洗濯を回している時間に、ご飯の用意を済ませてしまいます。

 

冬であればその時間帯に電気ポットでお湯を沸かしておいて、ポットで保温しておくといいです。保温といっても電気がかからないタイプで十分です。

 

掃除に関しては、7~10時のまだ電力料金が上がりきらない時間に済ませておきます。

正直このくらいの時間になると太陽光発電が発電を始めてくれるので電気代はかからないことがほとんどですが。

 

お昼に関しては、時間帯別に電気代が高い時間とかぶってしまいますが、ここは太陽光発電を設置していて電気をしっかりと発電している時間帯なので電気代はかかりません。

 

しかしなるべく多くの電力を売電に回すためにも極力短時間でさっと作れるものを作っていけるように考えていきましょう。

 

我が家では、休みの日以外は基本的に作ることはないのですが、休みの日は、朝のうちに焚いておいたごはんに、さっと作れる炒め物などのおかずがいつものパターンです。

 

夕食に関しては17時以降から電気を使い始めるようにします。

 

下準備に関してはいつ始めてもOKです。

 

ここまでが基本的な時間帯別用金プランをうまく活用するための方法です。

やはりポイントは「早起き」ですね。

 

次に、家電製品の買い替えです。

古い家電製品になればなるほど電力の消費は大きくなってきます。

ですので、ここは古くなった物から徐々に最新家電に買い替えをお勧めします。

 

買い替えをオススメする家電ベスト3

1位…冷蔵庫

2位…エアコン

3位…照明

 

冷蔵庫に関しては常に電力を必要とする家電ですので、電気の使用量は家電の中でもダントツで1位になります。ですので最新のものに変え変えるだけでもかなりの節電効果を生むことになります。

 

このように生活スタイルと家電の変え変えなどを無理なく行っていくことで、光熱費を0にすることは難しいことではありません。

 

むしろより光熱費を0にするというよりは、より多くの利益を出すために頑張っている自分を見ることが出来ると思います。(私自身そうでした。)

 

家電に関していえば古くなったら変え変えるというスタイルで節電に取り組めば全然OKで、それよりも電気の使い方を徹底するだけでも光熱費0は達成することが出来るのでそれだけでも効果はかなりでますよ。

 

 

繰り返しになりますが

繰り返しになってしまいますが、ここまで読んでいただけた方は太陽光発電とオール電化の組み合わせで光熱費が0になるという効果はわかっていただけたと思います。

実際に私が体験して感じたからこそ光熱費0の素晴らしさを自信をもってオススメできています。

 

また、環境にも良いという1つの付加的な価値に関しても自分では良いことに取り組んでいると感じられたのもうれしい1つでした。

 

しかしそうはいっても取り付け自体が行えるかは、すべてがオリジナルのオーダーメイド商品と同じ扱いになってきてしまうので1度調べてみるしか方法がありません。

 

興味はあるが取り付けられないでは寂しいですよね。

 

特に家に関していえば、そうそう家を買い替えるなどという行為はできないはずです。

 

ということは1度確認しておかなければ「調べてつけたいと思ってもメーカーの規制上取り付けられなかった」という結果が出た時に調べた時間を無駄にしてしまいます。

 

「取り付けを行えないなら家を建て替えよう」と考える人はなかなかいないはずです。

 

ですのでまずは太陽光発電が取り付けられる環境であるのかと、付けられるのならばどれくらいの容量が乗るのかを確認することが非常に重要になってくるので見積り依頼をかけることをお勧めします。

 

お勧めはやはりテレビでも取り上げられているタイナビさんですね。

 

見積りを取るなら安心を感じられるサイトでとることが重要です。(利用者数100万件も安心を追及しているからこそだと感じますし)

 

よかったらこちらからどうぞ

 

 a_btn040 【タイナビ】約1分で見積り完了!太陽光発電一括見積り!

 

 

  • 0

このページの先頭へ